TEL 0265-71-7172 お問い合わせ

パンチング加工時の反り対策

納入実績・事例

反りが発生してしまい製品にならない・・・

パンチングメタルの加工時に被加工材(ワーク)に反りが発生してしまい製品にならない

材料の伸びを逃がす工程を追加し反りの対策を実施

加工順序を変えて外形切断の加工を先にすることにしました。

こうすることでクリアランスが大きくなり、せん断面が短くなりますので被削材の引張りが少なくなります。
引張りが少なくなったところでパンチング加工を行い材料の伸びを逃し、反りを発生させることなく加工することができるようになりました。

 

精密加工技術について
Contact

ご質問やお見積り依頼、修理やアフターサポートなどお気軽にお問い合わせください。

Contact
お問い合わせ